Subscribe to 市民ネットワーク・ふなばし Subscribe to 市民ネットワーク・ふなばし's comments

Home

東日本大震災、そしてあの原発事故から4年が経とうとしています。

震災からの復興も原発事故の後処理も、そこに住む人の心を置き去りに進められています。さらに今の日本の政治は、とんでもない方向に向かっている怖さを感じます。市民ネットワークは地域政党として、市民の声を直接議会に届けるために、議員を送り出しています。市民の代弁者である議員を私たちは「代理人」と呼んでいます。また、政治に関わる市民を増やし、議員を職業化・特権化させないために、2期8年で交替します。もちろん選挙はカンパとボランティアで取り組みます。

 

 

三宅桂子からみなさまへ

三宅桂子

市民ネットワーク・ふなばし2人目の「代理人」(議員)として、駆け抜けた1期目。子育て、障がい、介護などの実体験を、山ほど持参して挑んだ市議会でした。

この4年間、生活者の声を届けることができたのは、送り出してくださったみなさんのおかげです。

「代理人」として議会で発言してきたことは、他にも、教育、環境、防災、まちづくり、エネルギー、児童養護、ジェンダー、自殺防止、若者支援、効率的な市政運営など、多岐にわたります。特に弱い立場に置かれた方の声を市に届けることを心がけてきました。

これからも、みなさんと一緒に考え、声を届けていきます。

(経歴)

まきけいこ

まきけいこが自信を持っておすすめします!
私も市議になる前は、三宅さんと同じ仕事を持つ母&妻。
関心はあっても政治とは無縁の人間でした。
議員の仕事は生活のあらゆる分野に関わります。
三宅桂子は、知識の源である好奇心、情報処理のはじめの一歩である聞き取る力を持って
います。
周囲の人たちが明るく元気になる人柄と弱い立場におかれた人を放っておけないやさしさ
も大きな魅力です。
(経歴)